• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

謡曲。三番目物観世宝生 (ほうしょう) 金剛喜多流後白河法皇が大原寂光院建礼門院を訪ねると、女院は安徳帝の最期などを物語る。金剛・喜多流では「小原御幸」。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉