• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、2などが結った髪形。月代 (さかやき) を広く深くそり込み、両方の鬢 (びん) と後ろの頂に残した髪とで髷 (まげ) を短く結んだもの。

  1. 江戸時代、幼児の髪置きのとき、左右の耳の上と頭の後ろにだけ毛髪を残して他をそったもの。また、その頭髪。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉