• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、東海道脇街道の一。見付宿の先から浜名湖の北岸を回り、本坂 (ほんざか) 峠を越えて御油宿へ至る道。女性の多くが今切 (いまぎれ) の渡しと新居関 (あらいのせき) を避けてこの街道を通ったことによる名。本坂越え。

[地理/日本地名/中部]カテゴリの言葉