1. 二つで組みになっているもの。対 (つい) 。

    1. 「この線は、鬢 (びん) の下端の線などと目立った―をしている」〈寅彦・浮世絵の曲線〉

  1. 対句 (ついく) 。

  1. 論理学で、「pならばqである」に対して、仮定および結論を否定し同時に両者を逆にした「qでなければpでない」という形の命題。原命題が真ならば、その対偶も必ず真となる。→

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉