[動カ五(四)]《「付く」と同語源》
    1. ㋐(「即く」とも書く)ある地位に身を置く。特に、即位する。「王座に―・く」

    2. ㋑ある役職に身を置く。また、就職する。「管理職に―・く」「販売の仕事に―・く」

  1. みずからある動作を始める。「帰路に―・く」「眠りに―・く」

  1. 選んで、それに従う。「易 (やす) きに―・く」「師に―・く」

  1. (「…につき」「…につきて」「…について」の形で用いる)

    1. ㋐ある物事に関して。…にちなんで。「会社設立に―・いて会合を開く」「この件に―・き御意見を」

    2. ㋑(「…につき」の形で)…であるから。…のために。「喪中に―・き年賀を御遠慮します」

[可能]つける
[動カ下二]つ(就)ける」の文語形。

出典:青空文庫