• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《程度がはなはだしいさまを表す副詞「」に接頭語「」の付いたもの》
  1. いよいよ。ますます。

    1. 「明治の御代も―栄えて」〈独歩・あの時分〉

    2. 「去年 (こぞ) 見てし秋の月夜 (つくよ) は渡れども相見し妹 (いも) は―年離 (さか) る」〈・二一四〉
  1. きわめて。いちだんと。たいそう。

    1. 「暁 (あかとき) に名のり鳴くなるほととぎす―めづらしく思ほゆるかも」〈・四〇八四〉

  1. 最も。いちばん。

    1. 「かつがつも―先立てる兄 (え) をし枕 (ま) かむ」〈・中・歌謡〉