敬うこと。尊敬すること。礼儀。うや。

「賢弟の―を納むる、何の望みかこれに過ぐべき」〈読・雨月・菊花の約〉

徳島県三好 (みよし) 市の祖谷川・松尾川両流域一帯の称。平家落人 (おちうど) 伝説を伝える集落が多い。

《「イヤー」とも》耳。「イヤホン」「イヤパッド(=耳当て)」

《「否 (いや) 」と同語源》

[形動][文][ナリ]
  1. 欲しないさま。したくないさま。きらいだ。「―なものは―だ」「ピアノのレッスンがだんだん―になる」

  1. 不愉快なさま。「―な顔一つせず手伝う」「会合で―な思いをする」「―な天気」→いやに

[派生]いやがる[動ラ五]いやさ[名]
[接頭]《近世上方語》名詞に付いて、いやな、いとわしい、の意を表す。「―客」「―勤め」
    1. 「茨木屋にて御存じの―男にあひ申し候」〈浮・一代男・七〉

[副]《程度がはなはだしいさまを表す副詞「」に接頭語「」の付いたもの》
  1. いよいよ。ますます。

    1. 「明治の御代も―栄えて」〈独歩・あの時分〉

    2. 「去年 (こぞ) 見てし秋の月夜 (つくよ) は渡れども相見し妹 (いも) は―年離 (さか) る」〈・二一四〉
  1. きわめて。いちだんと。たいそう。

    1. 「暁 (あかとき) に名のり鳴くなるほととぎす―めづらしく思ほゆるかも」〈・四〇八四〉

  1. 最も。いちばん。

    1. 「かつがつも―先立てる兄 (え) をし枕 (ま) かむ」〈・中・歌謡〉

[感]

  1. 驚いたり感嘆したりしたときに発する語。やあ。「いや、これはすごいね」

  1. 人に呼びかけるときや言い始めるときに発する語。

    1. 「―申し、ちと申し上げたい事がござる」〈虎寛狂・附子

[感]《「嫌 (いや) 」と同語源》
  1. 相手の言ったことを否定し、自分の考えを述べようとするときに用いる語。いいえ。いえ。「否、そんなことはない」

  1. 自分が言ったこと、考えていたことを取り消すときに用いる語。「五時、否もう六時になったかな」

  1. 否定も肯定もしないで、話の合間に何となく発する語。「その、否、君、ちょっと来てくれ」

出典:gooニュース

出典:青空文庫