• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 死んだ人や別れた人の思い出となる服。形見の袖。

    1. 「吾妹子 (わぎもこ) が―なかりせば何物もてか命継がまし」〈・三七三三〉

  1. 喪服。

    1. 「今はとて―脱ぎ捨てて色変はるべきここちこそせね」〈玉葉集