• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)《「度」は、梵pāramitā(波羅蜜 (はらみつ) と音写)の訳》
  1. 生死の苦海を渡って涅槃 (ねはん) の彼岸に至ること。

  1. 出家して僧や尼になること。「幼くして得度する」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉