裾口にひもを通してくくり、すぼめた袴。指貫狩袴など。

「其の身は玉だすきをあげて―利根 (りこん) に、烏帽子 (えぼし) をかしげに被 (かづ) き」〈浮・永代蔵・四〉