1. 舞楽で、舞いはじめるときの手。

  1. 雅楽演奏の前奏曲「調子」で用いられる箏 (そう) の旋律。

  1. 箏・琴・琵琶などの弦の調子を整えたあと、ためしに弾いてみること。また、その曲。ためしひき。

    1. 「黄鐘 (わうしき) 調の―を、いとあはれに弾きなし給へば」〈・宿木〉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

出典:青空文庫