• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

賭弓 (のりゆみ) 競べ馬歌合わせ鶏合わせなどの勝負で、勝った回数を数えるために、数取りの串 (くし) または枝を、数立てに差し入れること。また、差し入れる人。かずとり。

「―座に居 (すわ) りぬれば、既に合はするに」〈今昔・二八・三五〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉