• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昭和31年(1956)北西太平洋における漁業資源の保護と有効利用を目的として日ソ間で結ばれた条約。これに基づき、両国のサケ・マスなどの漁獲量・操業水域・漁期などが毎年取り決められた。同52年、ソ連の200海里漁業専管水域宣言に伴い廃止。