オナガザル科の哺乳類。世界で最も北にすむ猿。日本特産で、青森県の下北半島から鹿児島県の屋久島まで分布。体長約60センチ、尾長約10センチ。毛は長く、顔としりの裸出部は赤色で、秋から冬にかけて赤みが増す。20~80頭くらいの群れをつくり、統率のとれた社会構造を示す。

[生物/動物名]カテゴリの言葉