• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

立春のころ、その年に初めて吹く強い南風。発達した低気圧日本海を通るときに吹き、気温が急に上がる。はるいち。 春》

[補説]気象庁では、立春(2月4日ごろ)から春分(3月21日ごろ)までの間に、初めて南寄りの毎秒8メートル以上の風が吹き、気温が上がることをいう。