• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国の経書五経の一。20巻、58編。孔子の編といわれる。尭 (ぎょう) 舜 (しゅん) から周までの政論・政教を集めたもの。もと「書」「尚書」。宋代から「書経」とよばれる。秦の焚書 (ふんしょ) で散逸、前漢の伏生 (ふくしょう) の口伝「今文 (きんぶん) 尚書」と、孔子の旧宅で壁中から発見された「古文尚書」との二系統があったが、現在「古文」とされている「書経」は東晋の梅賾 (ばいさく) の偽作。