1. (本 (もと) に対して)続いているものの先端の方。末端。「毛の末」

  1. 川下 (かわしも) 。下流。

    1. 「山中の渓流の―である河は」〈大岡・野火〉

  1. 中央から離れた端の所。場末・野ずえ・末席など。「末の座」

  1. 本筋から隔たった物事。つまらないこと。「そんな細かいことは末の末だ」

  1. 物事の行われたのち。あげく。「ごたごたの末落ち着く」「苦心の末完成した」

  1. ある期間の終わりのほう。「今月の末」

  1. 一生の最後の時期。晩年。「人一代の末」

  1. 今からのち。行く末。将来。「末が思いやられる」

  1. 子孫。「源氏の末」

  1. 10 一番あとに生まれた子。末っ子。「末は女です」

  1. 11 仏教がおとろえ人心がすさみ、道徳も秩序も乱れ衰えた時代。末世 (まっせ) 。「世も末となる」

  1. 12 短歌の下 (しも) の句。

  1. 13 (本 (もと) に対して)後編。

  1. 14 神楽歌を奏するのに、神座に向かって右方の座席。また、そこにすわる奏者。

  1. 15 草木の伸びている先。こずえ、枝先など。

    1. 「うぐひすの…紅梅の―にうち鳴きたるを」〈・若菜上〉

  1. 16 山頂。山のいただき。

    1. 「高山、短山 (ひきやま) の―より」〈祝詞・六月晦大祓〉

  1. 17 江戸時代、将軍・大名などに仕えた女中。おすえ。

  1. 18 身分の低いもの。下等。下級。

    1. 「―の傾城四人まゐりて」〈浮・一代男・八〉