• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 年末に、その年のお札を社寺に返納すること。また、そのお札を集めて焼く行事。おさめふだ。 冬》「大香炉火を噴きにけり―/青邨

  1. 巡礼などが、神社・仏閣などに参詣したしるしとしてお札を納めること。