• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

涙で枕が浮く。枕が浮くほどに、寝ながらひどく泣く。

「涙落つとも覚えぬに、―・くばかりになりにけり」〈・須磨〉