• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大嘗会 (だいじょうえ) などの際、菜菓などを盛って神に供えた器。数枚の柏 (かしわ) の葉を竹ひごなどで刺しとじて円く作ったもの。後世、この形の土器 (かわらけ) をもいう。枚次 (ひらすき) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉