• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正中元年(1324)後醍醐天皇が側近の日野資朝 (ひのすけとも) らと鎌倉幕府討伐を企てた政変。計画が事前に漏れて失敗し、資朝は佐渡に配流ののち殺されたが、天皇は無関係であると釈明して事なきを得た。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉