• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

焼酎やアルコールを布きれに浸してともした火。歌舞伎で狐火 (きつねび) や幽霊の出る場面などに用いる。