• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

縄文時代早期の遺構の一。内部に焼かれた土が残る穴で、調理施設として使われていたとされる。長径1.5メートル前後、深さ50センチ前後の楕円形を標準とし、竪穴 (たてあな) 状など、さまざまな形態がある。ろけつ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉