• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

法隆寺に伝わる飛鳥 (あすか) 時代の宮殿形厨子。檜造り、外面は黒漆塗り。高さ226.6センチ。須弥座 (しゅみざ) 上の宮殿形は入母屋造り錏葺 (しころぶ) きで当代の建築様式を伝え、各部に施された透かし彫りの金具の下にタマムシの羽を置いたのでこの名がある。内部は金銅押出しの千体仏で覆われ、三方の扉および背面と須弥座四面の彩色画は日本最古の本格的絵画の遺品として貴重。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉