1. ㋐甲虫目タマムシ科の昆虫。体長約3.5センチ。体は紡錘形。翅 (はね) は緑色の地に紅紫色の縦縞があり、金属光沢があって美しく、古くから装飾に用いられた。幼虫は桜・ケヤキなどの材部を食害する。本州以南から台湾に分布。やまとたまむし。 夏》「―の光残して飛びにけり/虚子

    2. ㋑タマムシ科の昆虫の総称。体は紡錘形で堅く、足は短い。主に黒色で、青緑色や赤色の金属光沢のある種もある。

  1. イラガの幼虫。タナゴ釣りのえさにする。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉

[夏/動物]の季語

出典:青空文庫