• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 黄檗宗 (おうばくしゅう) で、仏殿内につるす六角形の灯籠。周囲を絹で張り、中に瑠璃製の灯器を置いたもの。

  1. 歌舞伎文楽の照明具。四角い小板や丸缶にろうそくを立てたもの。大道具に打ちつけたり、並べて上からつり下げたりする。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉