《「しょうし」とも》

  1. 生きることと死ぬこと。生と死。「生死を共にする」

  1. 仏語。衆生 (しゅじょう) が生まれては死に、死んでは生まれる苦しみ・迷いの世界。輪廻 (りんね) 。

  1. 死ぬこと。死。

    1. 「―の到来ただ今にもやあらん」〈徒然・四一〉

出典:青空文庫