• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

記憶に残っている母のおもかげ。

[補説]作品名別項。→瞼の母
長谷川伸の戯曲。幼い頃に生き別れた母を探すやくざの忠太郎の物語。昭和5年(1930)雑誌「騒人」に発表。昭和6年(1931)明治座初演。
佐伯幸三監督による映画の題名。昭和27年(1952)公開。出演、堀雄二、三益愛子ほか。
加藤泰監督による映画の題名。昭和37年(1962)公開。出演、中村錦之助(万屋錦之介)、大川恵子ほか。
[補説]はいずれもを原作とする作品。