• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、毛筋を透かさないでなでつけた、繻子のようにつやのある鬢。

  1. 《繻子の頭巾 (ずきん) をかぶっていたところから》江戸時代、比丘尼 (びくに) の姿をした売春婦。