縦糸・横糸に良質の撚 (よ) りのない生糸を用いて、多く平織りとした後 (あと) 練りの絹織物。肌触りがよく、つやがある。礼服や羽織・羽織裏・胴裏地などに用いる。

出典:青空文庫