• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市と亀岡市との間にある峠。山陰道の京都への入り口。標高193メートル。老齢を重ねることに掛けても用いる。

[補説]「大枝 (おい) の坂」とも書いた。