• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 晩春と人の老齢とを掛けていう語。

    1. 「花鳥になほあくがるる心かな―とも身をば思はで」〈風雅・雑上〉

  1. 老いて迎える新春。 新年》

    1. 「それも応 (おう) 是 (これ) もおうなり―/涼菟」〈一幅半〉