• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ユズリハ科の常緑高木。本州中部以西の山林に自生。葉は長楕円形でつやがあり、裏面は白緑色で、柄は赤く、枝先に集まって互生する。雌雄異株。初夏、黄緑色の小花をつけ、実はやや丸くて藍色。庭木とし栽培される。新葉が出てから古い葉が落ちるので、新旧相ゆずるという縁起を祝って新年の飾り物に使う。交譲木。 新年》「―や口にふくみて筆はじめ/其角

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[新年/植物]の季語