あうこと。対面。

「夢 (いめ) の―は苦しかりけり覚 (おどろ) きてかき探れども手にも触れねば」〈・七四一〉

  1. (「間」とも書く)「合い着」「合い服」の略。「合いの服」

  1. 名詞の下に付いて接尾語的に用いる。

    1. ㋐互いにある動作をすることを表す。「話し合い」「触れ合い」

    2. ㋑様子・調子などの意を表す。「色合い」「風 (ふう) 合い」

    3. ㋒それに近いこと、そのあたり、の意を表す。「意味合い」「沖合い」「横合い」

《「合い」と同語源》

[名]
  1. 二人で互いに槌 (つち) を打ち合わすこと。あいづち。〈和名抄

  1. 共謀の仲間。ぐる。

    1. 「むむ、さては―ぢゃの」〈浄・女楠〉

  1. 相手をすること。また、相手。

    1. 「―には愚僧が行かいでたまるものか」〈伎・韓人漢文〉

[接頭]
  1. 名詞・動詞に付く。

    1. ㋐一緒に、ともに、の意を表す。「相弟子」「相伴う」

    2. ㋑互いに、の意を表す。「相四つ」「相憐れむ」

  1. 動詞に付いて、語勢や語調を整える。現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。「相成る」「相変わらず」

数の単位。1の100億分の1。→位 (くらい) [表]

  1. 物と物とのあいだ。

    1. 「―の小門 (くぐり) を開けて」〈木下尚江良人の自白

  1. ひと続きの時間。あいま。

    1. 「喜ぶ―は少なくて」〈露伴・日ぐらし物語〉

  1. 間駒 (あいごま) 」の略。

  1. 間狂言 (あいきょうげん) 」の略。

  1. 人と人との仲。

    1. 「二人ノ―ガ悪ウゴザル」〈日葡

  1. 酒席で、二人が酒を飲んでいる中に第三者が入って、一方に代わって杯を受けて飲むこと。

    1. 「杯の回りも覚え、―するといふ事も知るぞ」〈浮・一代男・四〉

  1. 間 (あい) の宿 (しゅく) 」の略。

  1. 間食 (かんしょく) をいう女房詞

  1. 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「愛を注ぐ」

  1. (性愛の対象として)特定の人をいとしいと思う心。互いに相手を慕う情。恋。「愛が芽生える」

  1. ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する愛」

  1. 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への愛」

  1. キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー

  1. 仏教で、主として貪愛 (とんあい) のこと。自我の欲望に根ざし解脱 (げだつ) を妨げるもの。

[用法]愛・[用法]愛情――「親と子の愛(愛情)」「夫の妻に対する愛(愛情)」などでは、相通じて用いられる。◇「愛」は、「国家への愛」など、広く抽象的な対象にも向けられる。◇「愛情」は、主に肉親や恋人に対して用いられ、「幼なじみにあわい愛情を抱きはじめた」などという。◇類似の語に「情愛」がある。「情愛」は「愛情」と同じく肉親や恋人間の感情を表すが、「絶ちがたい母子の情愛」のように、「愛情」よりも思いやる心が具体的である。
[補説] 
2013年10月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンでの「愛」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆自分に関する記憶や思いや遺伝子を、相手に刻みたいという思い。
L&Pさん

◆ケーキに書き込むメッセージを注文しているときの感情。
cable_carさん

◆ほんまにあかん人やなぁ…と思いながらも見守りたい、生きる助けになりたいと思う気持ち。
山崎響さん

◆二人なのに一人のような感じ。
希望岬さん

◆人を天国にも地獄にも突き落とす制御不能な感情。
HIROAKIさん

◆若者は肌を重ね、年配者は言葉を重ねる。
越乃屋さん

◆不自由になることが自然と我慢できる状態。
KO-すけさん

◆相手の痛みを自分の痛みのように感じられる瞬間。
KTさん

◆「独占欲」を綺麗な言葉で言い換えたもの。
ayumiさん

◆絶え間ない努力の結晶。
あじさいさん

◆未だ科学では解明されていないエネルギーの一種。行動力、思考力、及び幸福感に変換可能。
nakanoさん

◆心のコタツ。
rikakumiさん

◆人である原点。
MeSiYaさん

◆人を美しくもし、醜くもする矛盾にあふれたもの。
潮騒のメモリーズさん

◆恋では補えないもの。感情に勝る思い。距離や時間を隔てても朽ちないもの。
Natsuさん

◆目に見えずかけがえのないもの。知らず知らずのうち育ち、壊れるはかない存在のため、多くの人が見ようと努力するもの。
JINJINさん

◆無条件に受け入れられる、存在そのもの。
しーずーさん
  1. タデ科の一年草。高さ50~80センチ。茎は紅紫色で、葉は長楕円形。秋、穂状に赤い小花をつける。葉・茎から藍染めの染料をとり、京都・大坂・阿波が産地として知られた。果実は漢方で解熱・解毒に使う。古く中国から渡来したとされる。たであい。あいたで。 花=秋》「この村に減りし土蔵や―の花/秋郷」

  1. 濃青色の天然染料の一。1木藍 (きあい) などの葉や幹から得られる。インジゴ。

  1. 藍色 (あいいろ) 。

目。目の形をしたもの。目の役をするもの。「アイライン」「マジックアイ」

  1. 英語のアルファベットの第9字。

  1. 〈I〉ローマ数字の「一」。

  1. 〈I〉《iodine沃素 (ようそ) 元素記号

  1. i〉数学で、虚数単位。2乗して-1になる数。

  1. 〈I〉英語の代名詞で、私の意。

わい

出典:青空文庫

出典:gooニュース