《「座 (くら) 」に「居る」意から》

  1. 定められた序列の中での位置。地位。

    1. ㋐皇帝・国王などの地位。皇位。王位。帝位。「位に即 (つ) く」「位を譲る」

    2. ㋑官職などにおける身分の段階。等級。「三位 (さんみ) の位」→位階

  1. 地位・身分の上下関係。階級。

  1. 出来のよしあし、品格などからみた、優劣の段階。

    1. ㋐物事の等級。

    2. ㋑連歌・俳諧・能楽などで、作品や所作の品位。

  1. 十進法での数の段階。また、その位置の名。「十の位」「百の位」などという。表は位の名の一例であるが、恒河沙から無量大数までを八桁とびにする説もある。


[補説]数の位の名称(「塵劫記」より)
1068無量大数
1064不可思議
1060那由他 (なゆた) 
1056阿僧祇 (あそうぎ) 
1052恒河沙 (ごうがしゃ) 
1048極 (ごく) 
1044載 (さい) 
1040正 (せい) 
1036澗 (かん) 
1032溝 (こう) 
1028穣 (じょう) 
1024 (じょ) 
1020垓 (がい) 
1016京 (けい) 
1012
108
104
103
102
10
1
10-1分 (ぶ) 
10-2厘 (りん) 
10-3毛 (もう) 
10-4糸 (し) 
10-5忽 (こつ) 
10-6微 (び) 
10-7繊 (せん) 
10-8沙 (しゃ) 
10-9塵 (じん) 
10-10埃 (あい) 

(※は秭 (し) の記載誤りとも)
  1. 将棋で、敵陣を制圧する位置。特に、盤面の中央をいう。

  1. 芸道などで、実力の程度。到達した境地。芸位。

    1. 「我が―のほどを能々 (よくよく) 心得ぬれば」〈花伝・七〉

[副助]《名詞「くらい(位)」から。中世以降の語。「ぐらい」とも》名詞、および活用語の連体形に付く。
  1. おおよその分量・程度を表す。ほど。ばかり。「一〇歳位の男の子」「その位で十分だ」

  1. おおよその基準となる事柄を表す。「声も出ない位びっくりした」「犬位人間に忠実な動物はいない」「目に見えない位小さい」

  1. (多く「くらいなら」の形で)事実・状態を示して、程度を軽いもの、または重いものとして強く主張する意を表す。「簡単に否決される位なら、提案しなければよかった」