京都市左京区にある本山修験宗の総本山。もと天台宗寺門派三門跡の一。円珍の開創と伝える。寛治4年(1090)白河上皇の勅願により増誉が中興し、現寺号に改称。のち後白河法皇の皇子静恵法親王が入寺して、宮門跡となり、園城寺長吏・熊野三山別当職を兼ねる。室町時代から天台宗修験道の山伏を統轄。昭和37年(1962)本山修験宗を設立。
京都市左京区の地名。聖護院がある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉