• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ザリガニの胃の中にある、白色の円盤形の炭酸カルシウムの塊。脱皮後2、3日で体内に吸収され、外骨格形成に用いられる。古くはオクリカンキリとよび、眼病薬として用いられた。アカテガニベンケイガニなどにもある。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉