• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 番頭手代が、主人の指図を受けないで自分の判断で行う取引。

    1. 「見るを見まねに、―を仕掛け」〈浮・永代蔵・一〉

  1. 手代奉公を終え、独立して商売を行うこと。

    1. 「鯉屋が手代、―に少しの米店出して」〈浮・永代蔵・五〉