• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ五(四)]
  1. 果実などが熟してきて色がつく。「柿の実が―・く」

  1. 草木の葉が赤や黄に変色する。紅葉する。「銀杏 (いちょう) 並木が―・く」

  1. 性に目覚める。色気づく。「―・く年ごろ」

[動カ下二]いろづける」の文語形。

出典:gooニュース