板材のそりを防ぐため、木目と直角に鳩尾 (きゅうび) 形の溝を掘って、吸い付き桟 (ざん) をはめこむこと。