• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[語素]《動詞「つ(詰)める」の連用形から》
  1. 名詞の下に付く。

    1. ㋐容器などに物を詰め込んだ状態やそのものを表す。「瓶詰め」「一二個詰め」

    2. ㋑もっぱらそれをもって判断する意を表す。「理詰め」「規則詰め」

    3. ㋒そこに勤めている意を表す。「本店詰め」「警視庁詰め」

  1. 動詞の連用形の下に付いて、その動作・状態がずっと続いているという意を表す。「歩き詰め」「笑い詰め」「立ち詰め」