1. 保存のため醤油に漬けたことから》すし屋の隠語で、マグロの赤身のすしのこと。また、その赤身。現在では、赤身を醤油に漬けたすし種をいう。

    1. ㋐調味料などをいう名詞の下に付けて、その中に漬けること、また漬けたものを表す。「ぬか—」「酢—」

    2. 野菜などの名の下に付けて、そのものを漬けた漬物であることを表す。「なす—」「白菜—」

    3. 地名人名などに付けて、特有漬物であることを表す。「奈良—」「たくあん—」「千枚—」

    4. ㋓名詞の下に付けて、そのことに熱中していたり、それなしではいられなかったりすることを表す。「勉強—」「薬—」

[生活]の言葉

[料理]の言葉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。