[動カ下一][文]つ・く[カ下二]
  1. 水などの中に入れておく。ひたす。「洗濯物を水に―・ける」「豆を一晩―・けておく」

  1. (漬ける)食材を、塩・糠 (ぬか) ・味噌 (みそ) ・麹 (こうじ) などの中に入れて、味をしみこませる。漬物にする。「梅の実を塩で―・ける」「大根を―・ける」

[用法]つける・[用法]ひたす――「足を湯につける(ひたす)」「魚を醤油につける(ひたす)」など、液体の中に入れる意では相通じて用いられる。◇「塩につける」「味噌につける」「大根をつける」「白菜をつける」は「つける」だけの用法で、「ひたす」は使わない。◇「布切れにアルコールをひたす」のように液体を含ませることは「つける」とは言わない。◇「ひたす」は液体を染み込ませ、ぬれた状態にすることに重点があり、「つける」は液体やその他のものの中に沈め入れることに重点がある。◇「漬け物」は塩をかけ重しを加えて一定時間そのままにしておくが、「浸し物」は熱湯でさっとゆでるだけである。

出典:青空文庫

出典:gooニュース