• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中里恒子の小説。昭和53年(1978)刊行。翌年、第18回女流文学賞受賞。