• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町時代から江戸時代にかけての京都の道路の名。

東山区の北端から左京区岡崎に至る現在の岡崎通りの白川以北、丸太町通りまでの通り。鳥居大路。広道。
[補説]白川以南三条粟田口までをいうこともあった。
昔の五条通り、現在の松原通りの鴨川以東の道をいうか。
[補説]東山の大和大路とする説もある。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉