[動マ五(四)]
  1. 一つ所に多くの人や物が集まっていっぱいになる。混雑する。また、物事が一度に重なる。「銭湯が―・んでいる」「道路が車で―・む」「日程が―・んでいる」「負けが―・む」

  1. (込む)仕組みが複雑に入り組む。精巧である。「手の―・んだ細工」

  1. (込む)動詞の連用形に付いて、複合語の形で用いる。

    1. ㋐中に入る。「風が吹き―・む」「飛び―・む」「殴り―・む」

    2. ㋑中に入れる。「書き―・む」「詰め―・む」「呼び―・む」

    3. ㋒ある状態をそのままずっとしつづける。「座り―・む」「黙り―・む」

    4. ㋓すっかりその状態になる。「冷え―・む」「老い―・む」

    5. ㋔徹底的に事を行う。「教え―・む」「煮―・む」「使い―・んだ万年筆」

[動マ下二]こめる」の文語形。
[補説]「込」は国字。1は、混雑する意では「混む」と書くことが多い。

出典:青空文庫

出典:gooニュース