• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ四]

  1. 這って渡る。また、這うようにして行く。

    1. 「物のそばよりただ―・り給ふほどぞ、ふとうち見えたる」〈・野分〉

  1. 近い距離で、車など用いずに歩いて行く。

    1. 「乗り物なきほどに―・るほどなれば」〈かげろふ・上〉

  1. 蔓 (つる) などが、這って伸び広がる。

    1. 「下にのみ―・りつる葦の根のうれしき雨にあらはるるかな」〈後撰・雑三〉