• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代、6月と12月の2回、朝廷が京都の四隅の路上に八衢比古 (やちまたひこ) ・八衢比売 (やちまたひめ) ・久那斗 (くなど) の三神を祭り、妖怪などの侵入を防いだ祭事。ちあえのまつり。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉