室町時代、守護が幕府執政者からの命を受けて下に伝えること。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉