仏語。往生して仏になったのち、再びこの世にかえって利他教化 (きょうけ) の働きをすること。また、そのためにかえる姿。⇔往相

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉